電子コミックの販促方法として、試し読みが可能というのは画期的なアイデアではないかと思います。 どこにいても物語・・・